電子タバコと普通のタバコの違いとは

近年、健康のためにと禁煙にチャレンジする愛煙家の方が増えてきました。一日一箱以上吸っていた方が、禁煙を始めると口寂しくなり、ついまたに手が出てしまうんだそうです。禁煙補助グッズのひとつに「電子タバコ」があるのをご存じでしょうか。普通のタバコのように手を口元に持っていく動作としてはとてもよく似ています。実際、普通のタバコは何が違うのでしょうか。電子タバコとは香りつきの水蒸気を吸い込み、それを楽しむシステムです。電子「タバコ」と、名前のつくものの、実際には煙草の葉は使われておらず、ません香料を楽しむ「リキッド」と言われる液体を元に、水蒸気(煙)にして使います。なので、本来のタバコに含まれるニコチン、タールなどの有害物質は体内に取り込みません。また、タバコの煙などで部屋が臭くなったりヤニ汚れに悩まされることもありません。健康被害を考えて、禁煙される方のなかにはタバコを吸う仕草が癖になってしまい、それをしないと落ち着かない、という方もいらっしゃるようです。そんな方にお勧めしたいのがこの電子タバコです。仕草は煙草にそっくりなので、禁煙の助けになるかもしれません。

禁煙を助ける電子タバコとは

喫煙ブームが世界中で流行化している中で、日本においても喫煙者は肩身が狭い時代となっています。しかし、長年吸ってきた方においてすぐに禁煙を始めるのは大変困難であると言えます。そこで、近年では電子タバコを変わりに愛用される方が増加傾向にあります。電子タバコは煙が出ないため周囲に迷惑をかけず、なおかつタバコを吸ったのと同じような満足感を得ることが出来ます。禁煙を始めた方の多くが電車タバコから始められ、更にはタバコの単価よりも低価格であると言った利点があるので、節約家の中でも愛用される方が多くなっています。煙が出ないため匂いもせず、壁などに見られたヤニ汚れや歯がヤニ汚れなどを起こす心配もないことから周辺の方の為だけでなく、ご自身や一緒に住んでいるご家族の為にもタバコを辞め、電子へと変更する方が多くなっています。

電子タバコは吸い方一つも大切な要素

電子タバコはアトマイザーのカスタマイズとリキッドの選び方により大いに楽しむことができます。そして、吸い方を少し工夫するだけで劇的に煙の味わいが変わります。そして、少しのことを気をつけるだけでも負担を軽減できます。吸い方は基本的にスイッチを押して吸うだけですがこの時、押してから一秒か二秒後に吸い始めてゆっくりと吸うことを心がけるだけでより濃厚な煙を味わえます。これは、アトマイザーが熱を発しても瞬間的に煙が発生するわけではないので、少し煙をためてから吸うことで濃厚な煙を楽しめる原理です。また、強く吸うとリキッドが液体のまま口内に入り込んでしまうため、優しく吸うように心がけることがポイントです。煙自体は無害ので、誰の前でも気兼ねなく吸えます。こういった吸い方を意識しながら自分のストレスなどと関わるようにしてください。

Joyetechやaspireを購入可能、デザイン・機能に富んだ様々な電子タバコを選ぶことができます。日本ではまだまだタバコの代用品ですが、海外では嗜好品として認知されています。 ベイプスタジオでは、海外トップブランドの電子タバコを通販にて販売中です。 火器を使用しないので、タバコのようにタールや一酸化炭素も発生しません。 海外ではエナジードリンク風のリキッドが品切れになるほど人気です。 購入はここがオススめ!→VAPESTUDIO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です