電子タバコのメリット、デメリット

電子タバコは別名「VAPE(ベープ)」とも呼ばれます。電子タバコは無害で禁煙に役に立つ、と一部の販売店が安全性を訴えていますが、実際の所はどうなのでしょうか。そこで電子たばこのメリット、デメリットについてまとめてみました。電子たばこは、「リキッド」と呼ばれる液体を購入することで吸うことができます。値段にばらつきはありますが、15mlを1000円程の値段で購入できます。15mlは紙たばこ300本程と言われています。こういったところでは、金銭的にとても助かりますね。ですが電子たばこには「発がん性」があるようです。電子たばこに入っている液体の主成分はプロピレングリコール、グリセリンと言われています。この液体自体には毒性はあまり無いのですが、液体を加熱することにより、プロピレンオキサイドという発がん性物質に変化します。こういった点では、一般的な紙たばこと変わりは無いように見受けられます。「まとめ」電子たばこは、無害ではなく、健康面に悪影響を及ぼす可能性があります。ご利用される際はご自分のお体のことをよく考えてからご利用することをお勧めします。

電子タバコにおけるデメリット

電子タバコについては、健康に対する悪影響がゼロであるかと言うと答えはNOというしかないでしょう。つまり、電子タバコを使用していく場合は危険性に関して十分理解していく必要があります。これらの欠点としてわかっていることは、含まれている成分によるプロピレングリコールによって脱水症状を引き起こしてしまう場合が出てくるので、これらを使用していく場合には少しの水を飲んでいくことを勧めております。また、全く聞いたことはないかもしれませんが、ニコチン入りによる液体(リキッド)を飲んでしまっている場合には、ニコチンによる過剰反応が発生してしまう危険性が考えられています。また、妊娠中においてニコチン入り液体(リキッド)を使用していくことは従来におけるタバコと同じように避けていくべきであり、ニコチンが引き起こしてしまう血管による収縮については周りの臓器や脳に障害を発生してしまう可能性があることについては否定することができません。

新しい形の電子タバコ

最近海外では電子タバコの新しい形が流行りつつあります。それまで日本でも存在していたタバコの形をしているものではなくて、サランスタイリッシュになったデザインの商品です。少量の香り付きの液体を熱して煙を生成します。本物のタバコと錯覚しますが、正確には煙ではなく液体を熱した際に出る蒸気です。この新しい商品は特におしゃれな女性に人気となっていて、香り付きの液体もフルーツ系のものやバニラ、チョコレートなどのスイーツ系などが多く売れています。もともと喫煙者だった人もおしゃれとして使用したい非喫煙者の人もそれぞれの目的に応じたデザインがたくさん存在しますので、選ぶだけでも楽しめます。そして、電子タバコを使用することは副流煙などが発生せず他人に迷惑をかけることなく自分の健康を害することもないので、利用している人は年々増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です