簡単に家事を楽にする

>

家事マスターは無駄がない

料理レシピの中にヒントはある

簡単にササっと美味しい料理を完成させられる人は格好良いものです。手際の良さは料理の質さえも上げてくれるように見えるもの。とはいえ、実際には調味料を探し、調理器具を探し等、そうしているうちに食材が焦げ付いてしまったという方も多いでしょう。
レシピを見ても、そんな料理の簡単な効率アップ術は載っていない。しかし、そう嘆くことはありません。実はレシピの中にも効率アップ術のヒントとなるものが掲載されていることがあるのです。
例えば、水、しょうゆ、みりんを先に混ぜてから、炒めた食材にあえる等のアドバイスは効率アップ術なのです。調味料を取り出し、それぞれ量を測って加えるのでは、その都度、秤や調味料を取り出すこととなります。しかし、調味料を先に合わせておくと、その手間が省けるというわけです。

時間を味方につけて

料理は時間が勝負。どれだけ美味しいものを作っても温度が変化してしまうと、味も半減してしまうものです。このように料理に欠かせないのは時間の使い方です。しかも、この時間の使い方を味方にすると、家事効率アップにもなります。
例えば、最初に汁物を作ってしまうと、他のおかずを作っているうちに汁が冷めてしまいます。また、冷めた汁物を温め直せば、一度火を通した食材にまた熱を与えることとなり、風味や食感が損なわれる可能性があります。
そこで、例えば時間のかかる炊飯、根菜類の煮物や焼き魚の準備など時間のかかる調理から始めて、その合間の時間で汁物やサラダなどすぐに準備できる汁物やおかずを準備してみましょう。これによって短い時間の中でも、出来立てで風味の良い食事を準備することができます。作り方の順序に配慮するだけで、簡単に美味しい料理を準備できるのです。


この記事をシェアする